こむら返りはなぜ起きる?

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

亀岡市では昨日、光秀祭と言って亀岡市ゆかりの地である明智光秀公率いる武者行列が行われました。

 

雨が降ったら台無しですが降ってなかったのでほんとによかったです。

 

今日、患者様とお話をしていて脚がよくつってしまうとのご相談をいただきました。

 

その患者様は明け方に攣るとのことですが皆さんの中にも経験はあると思いますがいかがでしょうか?

 

足が攣る原因

 

この攣る現象はいわゆる「こむら返りと」呼ばれるのですが何故起こってしまうのか原因は様々あります。

 

  • 水分不足

  • 身体の冷えによる筋肉の緊張

  • 加齢による筋肉の衰え

  • 妊娠中

  • 脊柱管狭窄症

  • 腰椎ヘルニア

  • 糖尿病

  • 肝硬変

 

などで起こりますが原因は一つだけではなくいくつか合わさっている場合が多くみられます。

 

妊婦さんにもみられ私の妻も2人目を身ごもっている時に夜中に「キャーーーー」と言う叫び声で飛び起き隣を見ると妻の足が攣ってかなりもがいていましたがすぐに処置した為治りました。処置の仕方がわからずにいると酷い場合は10分以上も攣っている場合があるので必ず攣っている筋肉を伸ばすようにしてくださいね。

寝ている時にこむら返りが起きやすい

上の図のように寝ている時は足首が下に下がるのでふくらはぎの筋肉が縮んでしまい攣りやすくなります。

 

特にねている時は布団の重みも加わり足首が下に下がりやすくなります。

 

足が攣った時は収縮した筋肉を伸ばしてあげるとすぐに治りますので近くに誰かいない場合は足にタオルをひっかけて手前に引くといいですよ。

 

当院では足が攣る患者様のほとんどが脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアからくる坐骨神経痛の症状をお持ちの患者様が多くみられますが腰まわりの疾患をお持ちであれば『こむら返り』の起こる仕組みを理解していた方が対処しやすいのでこのブログを見たらすぐに予防していきましょう。

 

脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアがこむら返りを起こすわけ

 

まず最初にこむら返りが起こるふくらはぎの筋肉について見ていきましょう。

ふくらはぎの筋肉は下腿三頭筋と呼ばれ腓腹筋内側頭・外側頭・ヒラメ筋の3つの筋からなりますがこの筋肉の間にも静脈や動脈が通っています。

 

動脈は心臓から出た血液を下に送りながら各組織に酸素や栄養分を送り届ける血管で静脈は各組織から出た老廃物や二酸化炭素を回収しつつ上にのぼって心臓に返す血管となりこの循環サイクルが滞ると様々な影響が出てきます。

 

例えば血管から細かく枝分かれした毛細血管の血流が悪くなると働きが悪くなり水分が溜まって浮腫んだり筋肉への酸素が行かないと疲労物質が溜まり痛みが出たり倦怠感が出たりします。

 

心臓から出た血管は勢いよく血液も出ていくのですが足の方に流れた血液は心臓に上ってくるまでに重力に打ち勝って上がってこなければならないのでなかなか大変なんです。

 

しかし足へ流れる血液は下の図のように筋肉の収縮に助けられて上へと昇っていきます。

 

つまり足首を動かすとふくらはぎの筋肉が伸び縮みするので間にある静脈血が筋肉により上へ上へと押し出されて心臓に帰っていきます。

 

これが筋ポンプ作用と言って「ふくらはぎは第二の心臓」と呼ばれる所以です。

 

高齢者に多い脊柱管狭窄症や20代から40代に多い椎間板ヘルニアでは痛みによって外出を控える傾向にあります。

 

と言うのも間欠性跛行といって脊柱管狭窄症には特徴的な症状で歩くと痛みが出て長い距離が歩けなくなりヘルニアも痛みの為家から出ることが億劫になり、こうして歩き不足や運動不足に陥ると筋肉を使わなくなるので、ふくらはぎの筋肉が硬直してポンプ作用が衰え、静脈血が下半身に滞ってしまうのです。

さらに、腰で神経が圧迫されることで坐骨神経痛がでて痛みやしびれ感ががふくらはぎにまで伝わり、こむら返り、ふくらはぎの筋肉の痛み、冷え感やむくみが出てきます。

 

その姿勢も危険信号

ヘルニアや脊柱管狭窄症などの腰痛では前傾姿勢になりやすく体の重心は前方にずれて爪先に体重がかかり、一方で体の前後バランスを取ろうとして、ふくらはぎに過剰な負担がかかります。

 

運動量が落ちてふくらはぎの筋肉が衰えポンプ作用が弱くなり、また腰椎周りの血流不足によって筋肉や神経が損傷すると痛みやしびれをより感じやすくなります。

 

このように腰椎周りとふくらはぎの衰えは同時に進行しやすいため、治療に加えて、セルフケアが大事になります。

 

それには、適度に運動や歩いてふくらはぎをよく動かすとともに、ストレッチをするなど症状が出ない範囲で腰を伸ばし、前かがみの姿勢ばかり取らないように注意してください。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院では腰の治療を得意としていますので長らく腰痛に悩まされている方は一度ご相談ください。

 

ラインからもご相談ご予約を承っておりますので登録お願い致します。

友だち追加