1日の糖質摂取量を知れば糖質制限ダイエットは必ず成功できる

 

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

今日は風がすごいですね。また看板が飛ばされないように気をつけないとと考えつつ今日は糖質制限について書いていきます。

 

糖質制限に関する論文が発表

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが東北大学大学院がご飯やうどんなどの糖質制限をする事で60代以降で老化が顕著になると発表されました。

 

これは大変です。今まで糖質制限を信じていたのに何を信じればいいのかわからなくなった方もいると思います。せっかく糖質制限をしていたけど老化するならやめます。きっとこんな感じで糖質制限は身体に悪いと思って辞めちゃう人多いんだろうなと。

 

一日の糖質量を計ったことありますか?

 

ここで一つ提案があるんですが皆さんの一日の食事の中でどれだけ糖質をとっているか一度調べていただきたいです。

 

自分では糖質をとっていないと思っていても糖質はいたるところに結構な量が入ってます。使っている調味料にも多くの糖質が入っているので知らない間にかなりの量の糖質を体内に入れているかもしれません。

 

この前コンビニで糖質80%カットされているチョコバーを見つけ成分表を見ましたがそれでも20gの糖質が含まれていました。20gと言ってもあまりピンと来ないかもしれませんが角砂糖が1個約4gなので5個も食べてると同じになります。お菓子類の恐いとこはここなんですよね。

 

当院の患者様でも話を聞いていたら「何も食べてないのに体重が減らない」この言葉はホントによく聴くのですが1日の食生活を聞いてたら飲むヨーグルトを健康の為に毎日1リットル以上飲んでるそうです。その他にもチョコレートを少量と言われてましたがチョコレートでも種類によっては糖質量がかなり高いんです。

 

少しと思っていても知らない間にパンチの効いた糖質量をとっている可能性が多いにあります。

 

だからといって甘い物を完全に止める必要はありません。きついダイエットはモチベーションを維持できる人は良いですが多くの方が挫折してしまい諦めてしまいます。

 

最初から飛ばしていかずにゆっくりと確実にしていけば必ず痩せれますから安心して下さい。

それでも糖質制限はダイエットに有効

 

話を東北大学の発表に戻しますが正解かもしれないし間違いかもしれません。世の中には沢山の方法がありそれぞれに成功例があるので否定はしません。

 

今まで常識と言われてたものが変化するように現段階で正論とされていることも覆される可能性はありえますが現段階では私の知りうる情報で最も理に適っていると思うやり方は糖質制限です。

 

私自身、糖質制限で体重を落とした経験と食べ物の制限はありますが辛いと感じずに体重がストンと落ちました。もともと糖質制限は糖尿病患者さんを治療するために考えられた食事療法なので糖尿じゃない方がいきなり知識もなくキツイ糖質制限をするとそりゃー倒れますよ。

 

糖質制限も種類とやり方があるのでそれを知らないで勝手にやると絶対続きません。

 

まずは普段の糖質量をはかることから始めましょう。

 

自分がどれだけ糖質まみれか知ってからのスタートとなりますので。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院では食事指導とトレーニング指導の両方から健康な身体造りをしているのでご相談ください。

友だち追加