運動をすることによって得る7つのメリットをご存知ですか?

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

今日は東京までセミナーを参加しに来ているので診療はお休みとなります。

 

東京に来て感じたことはウォーキングをしている人が見当たらないですね。場所がら民家が無いからなのか田舎はかなりの頻度で早朝にウォーキングしているお年寄りと出会うのですが。今日は運動をすることで身体にどの様なメリットがあるのかをお話ししていきます。

 

運動でする事で身体に起こるメリット

1・骨が強くなる

骨は刺激を加えなければ強くなりません。ではどの様に刺激を加えるのかというとウォーキングです。歩くことにより上からの重みと下から突き上げる力が加わりそれが骨への刺激となるので寝たきりや運動量が減ることにより骨がもろくなりやすい状態になります。

 

2・脳への刺激で活性化

身体を動かす時はまず初めに脳からの指令で腕を動かすや足を動かすとの指令が来てから動き始めるので運動する時は様々な動きが合わされることにより脳が刺激され活性化されます。以前、病院に勤めていた時に最初は元気だった患者様が1週間で認知症になったケースを見たことがあります。以前は入院して状況によってはすぐにリハビリをすることはない場合があったので上を向いて動かさずにいたら脳もあまり刺激がいかないので1週間で軽い認知症の症状が現れた患者様もおられました。年齢と共に脳は萎縮するのでやはり運動は必要だと考えられます。

 

3・筋肉がつく

二十歳を境に筋肉量は落ちていくと以前言いましたがキッチリとトレーニングをすればいくつになっても筋肉はつきます。重い重量を持ち上げるバーベルやダンベルを使えば早く筋肉がつきますが自分の体重を利用した自重トレーニングでもやり方によっては十分筋力がついてきます。

 

4・腰痛や膝痛などの痛みが軽減

身体を支える筋力が落ちることにより関節や靭帯、筋肉に負担がかかっている場合も少なくありません。支える筋力がなくなればそれだけ既存の筋肉により負担がかかり痛みが出る悪循環に陥りますので正しい方法での運動は痛みをとるのに効果的です。

 

5・アンチエイジング

身体を若返らせようとするには皮膚表面から化粧水などを塗るだけでは不十分です。運動をすることにより多くの酸素が体内に取り込まれ毛細血管を通じて全身の細かいところまで栄養が送られて行きます。酸素が不十分だと細胞も活性化しませんのでまず細胞レベルから変えていかないとどんなに高級な化粧品を使っていても表面上だけになってしまいます。ハリのある肌を作るには適度な運動で酸素を多く取り込むことも必要です。

 

6・代謝が上がり痩せ易く活動的になる

運動することにより筋肉量が上がるので代謝もアップします。代謝が上がることにより体の中のエネルギーを効率よく使うことができるので痩せやすい体質になると同時に運動することにより心肺機能が上がり身体が疲れなくなるのでより活発に行動できるようになります。

 

7・免疫力が高まる

運動することにより免疫力が高まり風邪などのウイルスに抵抗する力が強くなると言われています。普段はあまり思わないですが少し熱が出ただけでも辛いですよね。運動で免疫力が強くなるなら予防のためにも運動をした方が賢明と言えますね。

 

まとめ

いかがでしょうか?

運動によるメリットはたくさんありますので皆さんも是非運動を生活に取り入れてみてください。毎日少しずつする事で身体に変化が出てきます。