朝起きた時の腰痛の原因はこの3つにあった!ストレッチで快適な1日にしましょう

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸の瀨川です。

 

腰痛をお持ちの皆さんは1日のうちでどの時間帯が最も腰が痛くなりますか?仕事終わりに腰の鈍い痛みや重だるさを感じる方も多いですが実は朝起きた時に痛みを感じる方が最も多いんです。寝てる時って回復しそうな感じがするのですが何故朝起きた時が最も痛みが出るのかを解説して行きます。

 

朝起きた時に腰が痛む3つの原因

1・寝具が合っていないので朝起きた時に腰痛になる

朝起きた時に痛みが出るのは寝具が合っていない可能性があります。低反発、高反発の寝具がありますが私がオススメするのは高反発であまり沈み込まないマットを使う方が腰にかかる負担が減ります。寝ている時に腰が沈み込んでしまうと寝返りが打てなくなり腰痛になりやすい状態になります。硬めのベットマットに横向きの姿勢で膝を曲げて寝るか上向きで寝る場合は膝の下にクッションか何かを入れて膝が曲がるようにしておくと腰にかかる負担が減ります。

上の図のように真っ直ぐ寝る姿勢とうつ伏せの姿勢は腰に負担がかかるのでご注意ください。

 

2・血流が悪いので朝起きた時に腰痛になる

夜寝ている時に寝返りを打つことにより筋肉が動いて血液の流れが良くなりますが柔らかいベットマットや重い布団をかけていると寝返りが打てなくなり血液循環が悪くなります。また日頃から立ち仕事やデスクワークで腰に負担がかかり筋肉が硬くなっている場合はストレッチや運動でケアして柔らかくしておかないと本来回復すべき睡眠時間に回復ができなくなる状況になりますのでお風呂上がりのストレッチは必ずするようにしましょう。

 

3・内臓の働きが悪いので朝起きた時に腰痛になる

内蔵での痛みが脳へ入力される時に勘違いを起こすことによりあたかも違う場所が痛んでいるように感じる事を関連痛と呼び代表的なのが腎臓の痛みが腰に出たり心臓の痛みが左肩に出たりなどがあります。腰が痛いからと施術していても一向に変わらない場合は内蔵も疑いに入れた方がいいですね。夜寝る前に食事をする場合にも注意が必要です。寝ている間に本来は休まるはずの内蔵が食べ物が入ることにより消化活動をする為休めなくなりますので食事を取るのは就寝2時間前にしてください。

 

朝起きた時の腰痛を改善する方法

朝起きた時に腰が痛くてなかなか起きれない方も多いかと思います。特に冬の時期の寒い時は身体が余計に硬くなるので動くずらいですよね。朝起きてすぐは血流も悪くなり筋肉が硬い状態なのでまずはストレッチで筋肉を緩めるようにしましょう。

 

朝起きた時の硬い筋肉を緩めるストレッチ1

  • 寝たままの状態で両手を広げます
  • 片方の脚は伸ばしたままもう片方の膝を反対側の床につくくらいまで持っていきます
  • 膝の方向と反対に首を曲げます

腰を捻ることによりじんわりと筋肉が伸びてきますので図の状態で20秒ぐらい伸ばしたら次に反対も同じようにやってみましょう。

 

朝起きた時の硬い筋肉を緩めるストレッチ2

  • 右のお尻周りの筋肉を伸ばす場合左の膝を曲げてその上に右側の脚をクロスさせてのせます
  • 下になっている側の膝を抱えてゆっくりと胸に近づけていくと上に乗っている側のお尻に筋肉が伸びてきます。

腰痛にはお尻周りの筋肉も関係しますのでこちらも20秒ほどしたら反対をしっかり伸ばすようにしましょう。

 

まとめ

朝起きて腰が痛い方はまず3つの原因を改善してみてください。それだけでもかなり違いが出てきます。朝起きた時の出だしから腰が痛いと1日が憂鬱になりますのでまずは改善してストレッチで筋肉の状態を良くしていきましょう。