梅雨のアレルギーの原因は湿気とダニにあった!この2つの方法で改善を

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

関西地方もとうとう梅雨に突入しましたね。これから雨も続き湿度も高くなりますが実はこの湿気が身体に悪影響を及ぼすことはご存知でしたでしょうか?実はこの時期に皮膚が痒くなったり、鼻炎や喘息がきつくなる方が増えてきます。今日は梅雨時期に増えるアレルギーについてお話していきます。

梅雨時期にアレルギー反応が出るのはなぜ?

なぜこの梅雨時期にアレルギーが多くなるのかはダニによるアレルギー反応が影響しています。ダニは2000種類いるそうでその中でも我々の生活に関係するのは「チリダニ」です。アレルギーの原因はこの「チリダニ」の死骸や糞によって起こるとされています。チリダニの死骸は乾燥すると粉々に砕け散ってしまうので舞い上がりやすくなりその為呼吸により体内へ入り込みアレルギーが発症します。

 

チリダニが繁殖しやすい環境

温度が20~30度、湿度は60~80%を好みまさに日本の梅雨時期はダニが繁殖するのにうってつけと言えます。チリダニは人のフケや垢を好んで餌としていて寝ている時の汗により寝具は湿気を含むのでフケや垢が付着しやすくチリダニにとっては最高の住処になります。その他、絨毯やソファー、畳なども湿気を含みやすいのでチリダニが繁殖する格好の場所となります。チリダニの他にツメダニと呼ばれるダニがいてチリダニを餌にする為こちらも増えやすくこのダニは皮膚を指すのでボツボツと赤い発心ができ痒みも出ます。

 

ダニによって引き起こされる主なアレルギー症状

ダニによって起こるアレルギーは以下の症状があります。

1・気管支喘息

2アレルギー性鼻炎

3・気管支喘息

4・アレルギー性結膜炎

 

アレルギー症状を抑える為にする2つのダニ退治方法

ダニは年中住みつき、ダニを全滅させることは不可能ですが限りなく減らすことはできるので年間を通してアレルギーをお持ちの方や梅雨時期に鼻炎、目や皮膚の痒み、喘息を起こす方はダニ退治をしていきましょう。

 

1・寝具は布団乾燥機で高温乾燥

高温で湿気を取るとダニは住みにくくなります。布団乾燥機が無ければ雨が降っていない時を見計らって天日干しにするかクリーニングで洗濯する方がいいですね。

 

2・畳はしっかりと掃除機をかける

畳はダニが大好きな場所でもあるので掃除機はしっかりとかけるようにしましょう。できれば畳をめくって天日干しにしてください。畳の上に絨毯をひくと冬でも繁殖するのでそのままにしておくのは危険です。

 

まとめ

 

ただでさえ梅雨時期は湿気の為に自律神経のバランスが崩れて体調が崩しやすいのにダニが増える事によって更なる体調不良を起こしやすくなるのでダニ退治はマメにするようにしましょう。