他人から愛される身体を造る最強トレーニングはこの3つで決まり!!

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

関東地方は梅雨が明けたという情報が流れてきましたが関西飛び越えて関東が先に明けましたが6月に明けるなんて異例ですよね。京都は祇園祭辺りで梅雨明けしますが今年は早いかもしれませんね。湿気がすごいので早く梅雨明けしてほしいものです。

せがわ鍼灸接骨院ではトレーニングを患者様に提供しているので男性ならマッチョに女性なら細くしなやかな身体になりたいとパーソナルトレーニングを受ける方が増えています。今日は男女共に愛されるからだを造るトレーニング方法をお伝えいたします。

 

愛される身体を造る最強トレーニング

誰からも羨ましがられる身体を造るのに手っ取り早いのが重量物すなわちバーベルを使ったトレーニングになります。自分の体重を使った自重トレーニングでも十分効果がありますがバーベルを使った方が負荷がかけられるのでトレーニング効果が高まりますのでバーベルを使ったBIG3と呼ばれるトレーニングをご紹介します。

1・ベンチプレス

一度は見たことあると思いますがジムに行ったら男性が大好きなトレーニングです。ベンチプレスは胸の筋肉を主に鍛えますが肩の前にある三角筋や腕の後ろにある上腕三頭筋も鍛える事ができます。インクライン、デクラインと言ってベンチプレスをする時に座るシートがフラットな状態から下がったり上がったりする機能が付いているシートを購入するとさらに胸の筋肉も鍛えられる幅が広がりまんべんなくトレーニングする事ができます。

2・スクワット

スクワットで鍛えられる筋肉は主に大腿四頭筋、ハムストリングス(太ももの裏)、大殿筋(お尻の筋肉)を中心に下半身を鍛えるトレーニングです。さらには自重のような軽い負荷ではなくバーベルを背負ってのトレーニングになるので身体をしっかり保持しなければならない状態が体幹の筋肉を鍛える事に繋がります。プリッとしたお尻や引き締まった脚を手に入れたければはずせないトレーニングになりますがさらにお尻を引き締めたい方はヒップスラストというトレーニングがあり、お尻の筋肉だけを集中的に鍛える事ができます。

3.デッドリフト

床からバーベルを持ち上げるトレーニングで筋トレ初心者でもかなりの重量を扱えます。デッドリフトで鍛えられる筋肉は僧帽筋、広背筋、脊柱起立筋が主に働くほかお尻の筋肉や、太ももの前後の筋肉にも刺激が行くので全体的に効率よく鍛える事ができます。

 

まとめ

バーベルを使ったトレーニングの特徴は自重トレーニングとは違い重りを扱うので筋肉に対し負荷をかける事ができるので効果が早く出てきます。しかし、今回ご紹介したビッグ3はフォームを間違えるとケガにも繋がり思っていたよりも効果が現れなかったりします。正しいフォームでないと力が伝わらずに一か所に負担がかかりすぎたり本来鍛えられる場所と違う所に力が入りそのことを知らずに続けていても愛される身体を作ることはできません。ビッグ3をする時は必ずトレーナーに相談してフォームを身につけるようにしましょう。