本気でダイエット!!糖質制限とカロリー制限のどっちをすればいいの?

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

台風の影響なのか今日は朝から雨が降り続いておりますがこんな日はちょうしがわるくなるかたがおおいですよね。関東が梅雨明けしているので関西も早く梅雨が明けてほしいものです。

 

話は変わりまして、せがわ鍼灸接骨院のダイエットプログラムで痩せている方が続出していますが最初に困るのが何を食べて良いかがわからないことです。糖質制限をしていくのですが炭水化物を抑えるのは理解できても結局何が良くて何がダメなのか最初の内は理解しにくいのです。カロリー制限と糖質制限がごちゃ混ぜになると言うお話も聞きましたので今日は糖質制限とカロリー制限の違いについてお話していきます。

 

糖質制限とカロリー制限の違い

この糖質制限とカロリー制限を間違えるとダイエットは失敗しやすくなりますので解説していきます。

 

糖質制限

糖質制限は食べ物の中から糖質のみを外して食べる事を言い主に米、麺類、フルーツ、お菓子類、ジュース類、根菜類などが主に糖質制限では避けるべき食材になります。この他に調味料でも糖質が多く入っている物があるので知らずの内に使っているとたくさん糖質を取っていたなんてことがあるので注意が必要です。完全に糖質を制限することは難しいですがここを限りなく抑えることによりダイエットは成功しやすくなります。糖質制限の良いところは糖質が入っていない股は限りなく少ない物であればたくさん食べても大丈夫なところです。

 

カロリー制限

今でも間違ったダイエットの筆頭として君臨するカロリー制限のおかげでリバウンドをされた方が多いと思います。なぜなら油を使って焼いたお肉はカロリーが高くなるので蒸した鳥の胸肉などや豆腐、野菜中心の食事となり最初は頑張ってても段々と飽きてやめてしまう方が多いですね。毎日毎日パサパサの胸肉なんて考えただけでも恐ろしいです。カロリーを気にしたダイエットをすると食べる物が無くってしまい野菜など低カロリーのものばかり食べてるとエネルギー不足になるのは当たり前です。

 

糖質制限とカロリー制限の痩せるのはどっち??

急激に痩せたいならカロリー制限をすれば確実に痩せることができます。1日に必要な摂取カロリーが約1800KCalなので計算してそれよりも少ないカロリーで抑えていけば確実に痩せることができますが先ほど言ったようにエネルギー不足に陥り多くの方がリバウンドをします。カロリー制限は言わば根性のダイエットなので相当な覚悟を持って挑まないと生半可な覚悟では続かないし健康的にもよくありません。その点糖質制限は皆さんが思っている以上に我慢することなくスムーズに痩せていく事ができます。

 

中毒性のある糖質

糖質には中毒性があるのはご存知でしょうか?例えば身体を動かしてエネルギーを使えば身体は疲れてきますよね、そんな時に糖質を身体の中に入れると即吸収されてエネルギーになります。運動後のスポーツドリンクがまさにそれで疲労回復に即効性があるので身体が求めてしまうんです。お菓子の中にも糖質はたくさん含まれており一度食べるとその甘さは中毒となり間食が日課となる方もいます。実際にそんなにお腹が減っていないのに何気に甘い物を口にしている方が多いと思いますが甘い物を食べる事により血糖値が急激に上がるのでちょこちょこ甘いものを食べて血糖値の上げ下げを繰り返していたら膵臓が疲労を起こして糖尿病にかかるリスクが高まります。

 

まとめ

ダイエットには原理原則がありこれを間違えると健康を損ねたりリバウンドしたりなど痩せる為に頑張っていても無駄に終わる事もしばしば見受けられますので本気で痩せたいなら専門家の指導の下で間違いの無いようにした方が遠回りしなくて済みます。まずはカロリーを気にしなくてもいいマインドを持ってください。今までは高カロリーはダイエットの敵と言われていたので根強く皆さんの心に刻まれていると思いますがダイエットはカロリーよりも糖質を制限する事にあるので糖質以外のタンパク質や脂質はしっかりと取るようにしましょう。

 

食に関するご質問はラインにて承っておりますのでご登録お願い致します。

友だち追加