スポーツ飲料は身体を壊す危険がいっぱい!それでも飲むならこの方法で。

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

今日は朝から雨ですね。夏野の間はほとんど雨が降らない日が続いたのに最近になって雨がよく振るようになりました。このまま一雨ごとに涼しくなると思いますが今ぐらいの気温で止まってくれると過ごしやすいんですけどね。

 

さて10月が近づいてきましたが今年の夏を振り返ると今までに経験したことがないような暑さに見舞われた2018年夏でしたね。少し外を歩いただけでも汗が吹き出し何回服を着替えたことでしょうか。

 

汗が出れば当然体内の水分量が不足するので喉が渇いてきますが、こんな時に皆さんは何を飲みますか?今日は喉が渇いた時に何を飲めばいいのかを考えていきたいと思います。

 

場合によってはスポーツ飲料を飲まない方がいい

大量の汗をかくと身体の中のナトリウムも一緒に排出されるので補う必要があります。

 

しかし

 

ここで注意していただきたいのが運動で汗をかくのと気温が暑くてジワジワ汗が出てくるのとではナトリウムの排出量が全然異なります。かなり激しい運動をしている場合は汗もかきますがエネルギーの消費も大きくなりますのでスポーツ飲料で水分補給をする事をオススメしますが普段の生活で汗をかいた場合にはスポーツ飲料を飲む事をオススメしていません。ましてやダイエットをされている方は絶対に避けるべきですね。

 

ダイエットされている方にスポーツ飲料をお勧めしない理由

では、ダイエッターがスポーツ飲料を飲まない方がいい理由を説明していきます。

糖質が多い

100グラム中に6グラムほどの糖質が入っているスポーツドリンクもあります。500mlで言えば30グラムの糖質を摂取する事になりそれが1日に何本も飲んだりすると明らかに糖質の摂取量が増える事になります。これは糖尿病の方はもとよりダイエットをされている方にもよくありません。他の清涼飲料水はもっと糖質が多く含まれている物もあるのでダイエットをされている方は絶対に避けるべきです。

 

ダイエット中でもスポーツ飲料を飲める方法

知らずにスポーツ飲料をたくさん飲んでいる人もいると思いますがある事をすれば今まで通り飲んでも大丈夫ですのでご紹介していきます。

 

1・水で薄める

ペットボトルの中に入っているスポーツ飲料をいくらか取り出し代わりに水を入れて薄める事により糖質を抑えることができます。容器に移し替えたりするのに手間がかかるかもしれませんがこれをするだけでも糖質がおさえられるので是非実践するべきです。

 

2・粉末タイプを購入し調節してスポーツドリンクを作る

ドラッグストアにスポーツドリンクの粉末が売っているのをご存知でしょうか?私が子供の頃は大変お世話になっていました。薄く調整して作れるのでスポーツドリンクを飲むなら粉末タイプを解かして飲むのが一番だと思います。

 

まとめ

今すぐ止めるべきであるのは自動販売機のジュースです。甘くておいしいのでついついはまってしまいますよね。液体はすぐに身体に吸収されるので即効性がありますが毎日毎日大量の砂糖が溶け込んだジュースを飲み続けると取り返しのつかない事になる可能性もあります。スポーツをして大量に汗をかく場合は粉末を極力水で薄めたものにしましょう。飲み物はお茶か水に変えてみましょう。初めは甘いジュースが欲しくなっても段々といらなくなってきますよ。

 

是非、ご自身の周りの大切な方々に長生きをしてほしいと願うなら砂糖たっぷりの飲み物はやめてもらいましょう。