いつまでも痩せないあなたへ!ダイエットを成功させる5つの食事管理術

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

やっと涼しくなって運動がしやすい時期が来ましたね。今年こそは痩せたいと思ってはいるもののなかなか身体を動かすことが苦手で家に籠りがちになってませんか?

 

安心して下さい。

 

運動してもそんなに痩せませんから。

 

意味がないってことではないですよ!ただ運動で痩せるには相当な運動量が必要なので効率が悪く辛いトレーニングは続かない場合が多いのでもっと効率よく痩せる方法をお話していきます。

 

痩せる為には運動ではなく食事管理が大事

運動することは身体にとって非常にプラスとなります。何もしなければ年々筋力やそれに伴い筋持久力が低下するので階段を上がった時に息切れが激しくなったり歩くのが困難になったりするので若いうちから筋肉量を減らさないように身体を動かす努力は必要になります。歳とって身体が動かなくなってからのトレーニングでは遅いですからね。

 

しかし、ダイエットに関していえば運動はそこまで重きを置かなくても大丈夫です。トレーニングをして代謝を高めて痩せやすい身体にすると言った話を聞いたことありませんか?間違いではありませんが筋肉量を増やしても体重がすごい下がると言うわけではありません。

 

筋肉量を増やせば代謝が上がるのでダイエットに貢献はしてくれますがそれだけで大きく痩せることは難しいです。ダイエットに必要なのは運動よりも食事管理が必要なのです。

 

誰でも簡単にダイエットできる食事管理術

食事管理に厳しい管理は必要ありません。だいたいの方が食事制限と言えばカロリーを気にして豆腐や野菜ばかり食べる草食系ダイエットをされると思いますが死ぬまこの方法が続くとは到底思えませんよね。ダイエットは続かなければ意味がありません。一時痩せても元に戻ったり前よりさらに太ってしまったら意味がありませんので緩く長く続けられることが大事になります。では誰でもダイエットでき長く続けられる食事管理術はこちらです。

 

1・寝る4時間前には食事を終わらせておく

食べ物が消化吸収されるまで4時間かかると言われています。食べてすぐに寝てしまうと消化不良を起こし次の日に残ってしまいます。また身体を動かさない為にエネルギー消費率も下がるので余計な脂肪が蓄積されやすくなります。仕事や家事などでなかなか4時間前に食べる事は難しいかもしれませんが1週間の内にできる日はやってみてください。

 

2・夜のご飯を減らす

何故か1日の中で晩御飯が豪華になりますよね。1日の終わりをねぎらうかのごとくガッツリ食べてしまいがちですが白米だけは食べないようにしてください。日本人は白米をこよなく愛するのでご飯だけは勘弁してと聞こえてきそうですが白米を食べない代わりに他のものは食べても大丈夫です。ただし白米だけではなく炭水化物と呼ばれるラーメン、蕎麦、パスタ、粉物、イモ類は極力食べないでください。

 

3・遅い時間のスイーツは禁止

遅くまで仕事していたら頭がボーっとしてくるので甘い物が欲しくなりますよね。バリバリ仕事する為には甘い物食べてリフレッシュと思いますがそこは堪えてください。糖質は幸せホルモンが放出されるので食べたら頭がリフレッシュされて幸せな気持ちになりますが実は糖質中毒になっている可能性があります。スイーツは砂糖の塊なので食べるのは昼間にしましょう。

 

4・お酒は飲んでも〆の炭水化物は厳禁

お酒飲むと食欲増進され塩分のきつい物が食べたくなります。まさにラーメンなんてうってつけなんですが夜に食べてしまったら1日の努力が台無しになります。お酒飲むと気持も緩まるので今日だけは大丈夫と自分に甘くなりがちですが食べた時は満足しても朝起きたら激しく後悔する事になるので飲んでる間に炭水化物以外のものでお腹を満たしておくようにしましょう。

 

5・朝はしっかり食べる

朝はしっかり食べても一日のエネルギーとして消費されます。炭水化物を食べるなら朝が理想ですね。最低でも昼までに炭水化物を食べるようにして夜は控えましょう。

 

まとめ

ダイエットしようと思ったらどうしても覚悟がいりますよね。辛いイメージがあるので始める前に構えがちになってしまいますが実は簡単にできるのです。どうしても短気で痩せたいと思いがちですが短気でダイエットすると失敗することが多いので長期のビジョンを持って取り組んでいきましょう。今回お話した5つの管理術を実践するだけでも体重は落ちていきますのでコツコツやってみてくださいね。

 

コツコツと毎日積み重ねていけば1年後には別人に変身できます。