まだ試してない方必見!冷え性改善には湯たんぽで自己治癒能力を高めよう

おはようございます。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

一気に肌寒くなりましたね。夜中の気温が16度になっていたのでとうとう冬が近づいてきた感じがします。寒いのが苦手なので今から憂鬱な気分になります。皆さんも風邪ひかないようにうがい手洗いはしっかりしましょうね。

 

冬になると子供の頃にこたつで寝ていたら怒られたことを思い出します。どうしても冬は冷えるのでコタツや電気カーペットで温めると寝やすいですよね。

 

「そんなとこで寝ていたら風邪引くよ!」と怒られたのですが当時の私は暖かいところで寝ているのになぜ風邪を引くのかわかりませんでした。皆さんはご存知ですか?

 

冷え性だからといってコタツで寝ると風邪を引く理由

コタツだけではなく電気カーペットをつけたまま寝ていても同じように風邪を引きやすくなります。何故、風邪を引きやすくなるかと言いますとコタツやカーペットの様に温度が高めのところで寝ていると身体の水分が汗となって出ていくので喉が渇きます。水分補給をして喉を潤せばいいのですがそのまま寝てしまうとカラカラになった喉の粘膜にウイルスが付着し風邪をひき起こします。寒くて寝にくいかもしれませんが風邪をひいてしまっては仕事などの日常生活に影響が出るので控えた方がいいと言えます。

 

冷え性なので身体を温めないと寝れないあなた

患者様からの声で冬になると脚先が冷たくなってなかなか寝れないので電気カーペットを少し弱めにしてつけたままにしている方がいますがコタツや電気カーペットに頼っているといつまでたっても本来身体に備わっている自分で治す自然治癒能力が向上しません。

 

冷え性で寝れない方は『湯たんぽ』がオススメ

子供の頃に鉄製のアンカが家にありましたが今でもホームセンターで販売しています。湯たんぽは熱湯を入れるので直に肌に当たるとすごく熱いんです。タオルなどを巻いて鉄の部分が足に当たらないようにしても足でけったりして巻いているタオルがとれて鉄の部分が足に当たると暑くて起きてしまうことが多々あったので今はプラスチック製のものを使っています。コタツや電気カーペットでずっと温めるよりも湯たんぽのように時間が経つと段々熱が冷めてくるものを使った方が自己治癒能力が上がります。つまり最初から最後まで過保護に身体を大事にせずに少し手助けをするイメージです。1から10までをすべてやってしまうと身体はその環境に慣れてしまい自分で治そうとする力が薄れてしまうので身体を鍛える意味でも靴下を2足はいたりするのはやめましょう。