慢性腰痛(前から続く痛み) 亀岡市せがわ鍼灸接骨院

亀岡市でせがわ鍼灸接骨院をしている瀨川です。

 

身体の痛みはどこにだって現れるものですがなかでも「」に関して悩まれる方が非常に多いと思います。

 

人類が二足歩行になってからの宿命ですがそれにしても周りを見回すと腰が痛いと嘆いている方が多いです。

もはや日本国民の病と言っても過言ではない腰痛のお話、特に慢性腰痛のお話をしていきます。

 

大きく分けて2つのタイプ

同じ腰痛でもなんか腰が痛いなと思う程度と、痛すぎてその場から動けない程度まで様々な腰痛がありますが身動きがとれず痛めたばかりの腰痛は『急性腰痛』と呼び、痛みに差はありますが前から続いているような腰痛を『慢性腰痛』と呼びます。

 

急性腰痛は代表的なものとして皆さん聞いたことのあるぎっくり腰がありますが何がきっかけで痛みが出たしたのかはっきりわかる事が特徴でが慢性腰痛は筋肉の疲労などによって起こりやすく普段の体の使い方が大いに影響してきます。

腰痛を慢性化させる要因

急性腰痛の9割は治りますが放置しておくと1割は慢性化へと移行してしまい辛い症状が続いてしまいます。

 

「要因1」腰に負担をかける生活環境

腰に負担がかかる姿勢や動作を続けることによって、腰まわりを構成する筋肉、骨、椎間板、関節、靭帯、神経などの組織が疲弊・損傷して腰痛を発生させます。
腰痛を発生させている原因が筋肉にあるのか骨格にあるのか、椎間板ヘルニアにより神経が圧迫されて痛みが出ているのか等見極めて治療すれば治まります。

 

しかし、ほっとけば治るや正しい身体の使い方をせずにいつまでも腰に負荷をかけ続けていれば、当然損傷した組織はいつまでも回復せず痛み続け症状は悪化し、結果治るのに時間がかかります。

「要因2」 加齢

体は歳をとるごとに老化していき腰の骨や椎間板の変性が進むことで、骨盤はゆがみ、徐々に腰が曲がり身体を支える筋力も落ちてきます。
こうして腰を支える力が衰えて腰痛を発症しやすくなり手術によってヘルニアを取り除いたり狭窄症の手術をしても再び老化による変性が起きるため、高齢者ほど再発も多くなります。

 

これは自然な老化現象ですので、高齢者ほど慢性的な腰痛になりやすいのは仕方がないことですが適度なトレーニングで身体を支える力をつけたり、ストレッチをして負荷がかかっている場所の血流を促したりバランスの良い食生活を送るなど規則正しい生活を送ることで慢性腰痛を回避することは十分可能です。

「要因3」ストレス

急性腰痛が慢性腰痛に移行する原因としてストレスなどの心理・社会的要因が深く関わっているとのデーターがあります。

 

ストレスを原因とする腰痛は慢性的な腰痛によく見られ慢性腰痛の患者の約80%に抑うつ状態(うつ病になりかけの状態)が確認されたとの報告もあります。

 

これはストレスなどの心の問題が腰痛を長引かせる大きな要因となることによります。

 

ストレスが痛みの原因となっている場合はストレスを溜め続けて発散できなければ腰痛も治らずに慢性化します。

「要因4」 安静

痛みがある時は安静にしなさいとよく耳にしましたが腰が痛いからといって何もせず安静にしているとかえって回復を遅らせたり症状を悪化させることにつながります。
ぎっくり腰の初期でもある程度痛みを我慢しながら無理のない範囲で普段どおりに生活したほうが、安静にするよりも治りが早いことが分かっています。

 

安静によって起こりえる弊害

  1. 筋肉が衰え、関節の働きも悪くなり、腰を支える力が弱まる
  2. 体を動かさないことで血行が悪くなる。すると筋肉が固くなって痛みを生じやすくなるほか、痛みや疲労が回復しにくくなる
  3. 気持ちがふさぎこみやすくなり意識が痛みだけに向いてしまいストレスが高まって更に痛みが強まるという悪循環にはまる

 

慢性腰痛は治療方法を間違ってしまうと痛みを引きずり悪化してしまう可能性がありますので京都市、亀岡市、南丹市、京丹波町、能勢町方面で腰痛にお困りの方は腰痛治療を得意とし改善の実績のある、せがわ鍼灸接骨院にご相談ください。