坐骨神経を知りましょう。 亀岡市せがわ鍼灸接骨院

亀岡市せがわ鍼灸接骨院です。

 

坐骨神経痛についてお話していきます。

坐骨とは?

坐骨は左右股関節を形成している骨の一部でもあります。そして、前は恥骨とも繋がっていて直立・歩行に関して、非常に重要な役割を担うのが坐骨です。

お尻まわりに鈍痛がある。でも、病院に行くほどでもないから我慢する。

この様な症状があれば坐骨神経痛の疑いがあります。

坐骨神経痛が病名だと思われている方が多いですが、そうではなくて坐骨神経が何かの原因で圧迫されて生じる神経痛をまとめて坐骨神経痛と呼んでいます。
この坐骨神経の太さは鉛筆ほどあり、下半身全体の中心的役割を果たしています。
「坐骨~お尻の筋肉~足の末端(付け根)まで伸びている」

坐骨神経痛の症状は、ギックリ腰・椎間板ヘルニア等の症状よりキツイかもしれません。
何故なら、ギックリ腰・椎間板ヘルニアは明らかな痛みを伴いますが坐骨神経痛は激痛よりも鈍痛がでやすい症状であり 常に不快な感じはしますが、耐えられないほどの痛みではないです。

それ故に我慢できるから病院に行かなくても大丈夫だろうと自己判断してしまい間違った方向へ進んでしまいがちになります。
どんな病気でもそうですが早めに適切な対応をしていればすぐ治すことが出来ます。
坐骨神経痛は施術を遅らせれば遅らせるほど、身体に悪影響を及ぼしやがて痛みで歩くことさえ困難になることもありえます。

今回からしばらくは坐骨神経痛について書いていきます。

気付いてないだけでそういわれてみればの方が多いと思いますのでこの記事を見て気になることがありましたらお問合せ下さい。