坐骨神経痛に対する鍼灸治療  亀岡市せがわ鍼灸接骨院

人体には、361個のツボがあります。

 

そのツボには各々の症状に対する効き目があり、問診により症状を見極めてから鍼を刺す・お灸を据える治療を行っています。

 

ここで鍼灸の長所をお話していきます。

 

鍼灸の三大長所

1.免疫力を高め病気になりにくい身体にする。

2.日常のストレスでダメージを受ける自律神経の調整をする。

3.痛さを抑制する鎮静物質を体内でつくる

 

他にも治療に時を要する坐骨神経痛にも、鍼灸は有効な治療であると言われています。

 

坐骨神経痛は神経を圧迫する事で痛さが発症しますが、大まかに2通りの神経圧迫の経路があります。

 

それは、大腰筋が痙攣して坐骨神経を圧迫し苦しみを発症する時と、お尻の梨状筋などが痙攣して坐骨神経を圧迫し苦しみを発症する事例です。

 

・大腰筋→腰骨と両足の付け根を結ぶ筋肉。

・梨状筋→お尻には大臀筋・中臀筋・小臀筋から成り立ち梨状筋は臀筋群を補助する役割を果たしている筋を言います(インナーマッスル)。

 

鍼灸は、この2通りの症状を的確に理解し、坐骨神経痛に効くツボを鍼で刺します。

 

ここで鍼灸が何故、坐骨神経痛に有効であるのか?

 

それは明確な報告があるからです。

 

坐骨神経痛に効くツボを刺す前後、サーモグラフィなどを使って痛部の血液循環を観察しました。

 

すると鍼を刺した後、痛部の血流が異常に増加しているのがみられました。

 

血流の増加は筋肉の緊張が解け柔らかくなった事を意味合いします。

 

つまりこれは痛さを発症していた神経にそれに対し、圧迫が減少したと考えられます。

 

言い換えると、筋肉への圧迫が低減されたため血流が増加し、神経に対する圧迫が和らいだという事なのです。

 

加えて鍼灸では、血流増加によって酸素不足が解消されそれ故、坐骨神経痛の苦痛の元である発痛物質が運び出され、痛さが和らげるするとも考えられています。

 

なお鍼灸の治療についてですが急性坐骨神経痛の方が、慢性坐骨神経痛に比較して治りは早いと言えます。

 

当院では最初の5回は毎日又は一日間隔をあけて来院していただいております。

 

そうすれば必ず改善されてきます。

 

慢性坐骨神経痛の事例、週1〜2回のペースで改善していきます。

 

また、鍼灸で坐骨神経痛が完治すれば、改善後治療する必須はないと思われるかもしれませんが普段の労働環境や身体の使い方で再発する恐れがありますので月2~3回のボディーのメンテナンスの解釈を込めて治療すれば、必ず再発防止の手助けになります。

 

私も坐骨神経痛になったからわかりますがホントにこの症状は辛いです。

 

痛くて眠れないし自分以外辛さがわからないから周りから理解してもらえない。

 

けど、家庭があるから仕事は休めないで今思えば鬱状態に入ってたと思います。

 

坐骨神経痛の先輩としてこれだけは言える事があります。

 

1.必ずしも手術が必要ではない。

2.その痛み必ず改善されます。

3.悩む前に即治療。

4.安静にしてるだけでは治らない。

5.鍼治療と当院で使っているハイボルテージ治療は効果あり!

 

この他にも神経痛の治療には時間を要する事が多々ある為、根気よく絶対治して元の生活に戻るんだと言った意志も必要になります。

 

治療家と患者様が治すという同じ方向に向かっていかないと効果って出にくいんですよ。

 

一生懸命治療をしても患者様が家で気をつけなければならないこと事を怠ってしまうと振出しに戻ってしまうので患者様にも治す努力をしていただくことが大事になります。

 

ですので坐骨神経痛に限らず治療とはと聞かれると

 

患者様と二人三脚で治す事だと私は考えています。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院では腰痛(坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰)膝の痛みを専門にしておりますので京都市、亀岡市、南丹市、能勢町、方面でお困りの方がいらしたらせがわ鍼灸接骨院までご来院ください。

 

車が乗れないや遠くて通えない方に無料送迎も承っております。