ヘルニアが起こる場所により症状も変わります。 亀岡市せがわ鍼灸接骨院

腰椎椎間板ヘルニアは腰の骨と骨の間の椎間板周囲の繊維輪が裂け髄核が飛び出し、神経を刺激して、腰や下肢に痛みを起こしたり痺れを感じることは前回お話しました。

 

さらに細かくお話していきますが、腰にあるどの椎間板がつぶれているかによって、腰痛の症状は異なります。

 

5つの骨からなる腰椎は、上から

 

第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、第5腰椎

 

またその下にある仙骨には仙椎(SALCUS)と名前がつけられています。

 

専門的な用語になりますが腰椎の間の椎間板は、英語でLUMBERなので、その頭文字を取って、第1腰椎と第2腰椎の間のものならL1/2、3と4の間にあるものならL3/4と呼ばれています。

 

一方、第5腰椎と仙骨の間にある椎間板は、L5/Sと呼ばれます。

 

腰椎椎間板ヘルニアで手術される方は第二腰椎から仙骨にかけてが圧倒的に多いのでどこに痛みや皮膚の感覚異常、筋力低下が起こるか説明していきます。

 

L1/2の椎間板ヘルニア

腰の上あたりに苦痛が出る事が多々あるです。

 

L2/3の椎間板ヘルニア

足の付け根やそけい部が痛んだり、だるくなったり、ときにはしびれたりします。

 

L3/4の椎間板ヘルニア

太ももの前、膝の内側が痛んだり、だるくなったり、ときにはしびれたりします。

 

L4/5のヘルニア

腰痛の中で、圧倒的に多々あるのがこのところです。

骨は、下にあるほど重力がかかりますから、苦しみやすいのです。

その上、腰を曲げる事がこのところになるため、圧力がかかりやすく、症状としては、おしりから太ももの横、膝の下や、外側のすね、親指が痛んだりしびれたりします。

私自身はこの部分でヘルニアになり前かがみになった時はお尻から足にかけて電撃のような痛みと痺れが走り毎日が大変でした。

 

L4/5のヘルニアL5/Sの椎間板ヘルニアはおしりの真ん中、太ももの裏、ふくらはぎ、かかとから足の裏、足の小指がしびれたり痛んだりします。

 

アキレス腱の反射が弱くなり、つま先歩きができなくなります。

 

とはいっても、腰椎椎間板ヘルニアであっても、足の症状が出ない方もおられます。

 

腰椎椎間板ヘルニアの進行により、症状が移り変わりしますので、ネットの情報だけで判断せずヘルニアを確定するにはMRIを撮る必要があります。

 

寝てれば治るや、時間がたてば治るのような発想では治癒を遅らせてしまうので必ず専門家に診てもらうようにしてください。

 

当院ではヘルニアに対して鍼治療、超音波と電気刺激をミックスさせた最先端治療機器を使って施術しています。

 

ヘルニアを含む腰痛には絶対の自信を持っていますのでご相談ください。

 

ヘルニアになった時に人生が終わったと思うほどでしたが今ではバスケットボールやマラソンなどスポーツにいそしんでおります。

 

今より必ず良くなるのであきらめないでください。