パソコンをしていて肩こりを感じている方必見

PC作業に要注意4大きっかけのうち「同じ姿勢」と「眼精疲労」は、主としてデスクワークや読書、細かい手仕事などによって起こります。

 

とくに今頃は、PCによる肩こりが増大しています。

 

PCや読書、手仕事などのケース、多くの方は首をちょっと前に突き出す姿勢になっています。

 

そして、両肩をわずか前にすぼめる姿勢にもなっています。

 

こうした姿勢を続けていると、首から肩の筋肉に緊張性の疲労が生じ、血流が悪くなり、肩こりを起こします。

 

その上細かい文字などを見続けると、目やその周囲の筋肉が緊張し、それと併せて首や肩も緊張します。

 

とくにPCの時、光源を見つめるのと同じなので目がいつも緊張を強いられ、まばたきの回数が減ります(いつもは毎分15〜20回程度。PC作業中は毎分1〜2回に激減)

 

それ故ドライアイから眼精疲労を起こし、それも肩こりのきっかけともなります。

 

防止策としては、真っ先に「同じ姿勢」を続けないようにし、こまめに首や肩の緊張状況をほぐす事。

 

ときどき首をゆったり後ろに反らせてみます。

 

このケース首筋や肩が硬い、あるいはわずか痛いと感じたら、すでに肩こりが始まっています。

 

首や肩を自分のペースで回して筋肉の緊張をほぐしましょう。

 

そして1時に一度は立ち上がり、手を上に伸ばしてブルブルとふる、軽い屈伸をするなどの手法で、全身の血流を改善する事も阻止になります。

 

一方、「眼精疲労」の阻止には、ときどき目を休ませる事が重要。

 

目薬をさすだけでなく、1〜2分間は目を閉じて休ませます。

 

指先でこめかみのあたりを、優しくなでるように円を描きながらマッサージするとより成果的です。

 

業務中などで目を閉じる事ができない事例は、窓の外など遠くを眺めるだけでも目の緊張を緩和する事ができます。

 

さらに中高年になるにつれ動体視力が低下するため、PCのスクロール画面を目で追うと非常に疲れる事があります。

 

スクロールする事例は画面を直視せずに、視線をわずかそらすようにしましょう。

 

まばたきは涙腺を刺激し、目の表面を涙で潤し、維持する働きをしています。

 

まばたきが少ないと目が乾かすし、疲れやすく、加えて傷つきやすくなります。

 

肩がこっている事例に首や肩を急激に動かすと、筋違いなどを起こす確率があります。

 

力を抜いて、できるだけゆったり動かしましょう。