寒くなると坐骨神経痛が出やすくなります。 亀岡市せがわ鍼灸接骨院

突然ですが坐骨神経痛の方は、真冬は特に要注意です。

 

 

坐骨神経痛は、神経の中でも一番太くて、長い神経になります。

 

 

坐骨神経痛の為に、お尻から足にかけて苦痛があり、走るのはおろか、歩くのすら困難な人も多くいらっしゃると考えます。

 

 

これから真冬になっていくにつれて、過去に坐骨神経痛を発症し、現在は完治している方でも、再発する懸念があります。

 

 

 

寒くなってくると必然的に筋肉や神経、筋が収縮しやすいようになってきます。

 

 

それによりに、日頃しない運動をして使っていなかった筋肉を使用すると、筋肉が縮んでいるため、突然大きな負荷がかかり、腰を痛めてしまったり、坐骨神経を痛める事になってしまいます。

 

 

防止対策としては、身体を動かす前に筋を暖めたり伸ばしてあげる事が必須です。

 

 

毎朝起きて、のんびりとストレッチをするだけで、成果は大きく現れてきます。

 

 

なお、夜に入浴している方も、試しに朝も入浴してみてはどうでしょうか。

 

 

朝は必然的に低血圧気味になりがちですから、血を循環させるためにも、初めに風呂に入り、体中の筋肉や筋、他にも、神経をほぐしてみて下さい。

 

 

全身が温まり、筋肉にも柔軟性が出てくると、運動をしても筋肉を傷める事は少なくなります。

 

 

朝の入浴ができなければ、勿論入念なストレッチのみで十分です。

 

 

ちょっとの時でもいいので、ウォーキングやラジオ体操のような手間なくに可能な運動をしましょう。

 

 

継続することに価値があります。

 

 

定期的続ける事を心がけて下さい。

 

 

その上、椅子に座った時に足くみをすると、片方の神経が伸びてしまい、結果としてふとした時に、お尻から足にかけて、激痛が走るようになります。

 

 

これは足を組む癖は直さなければなりません。

 

 

椅子の高さをすり合わせし、自身に合った高さにして下さい。

 

 

なお、片足の下にわずか高さのあるものを置いて足を乗せてみて下さい。

 

 

坐骨神経痛は、真冬の冷たい時分特に痛さが出現しやすいので、運動をするためには絶好のこの季節から、わずかずつ運動を開始し腰痛・坐骨神経痛知らずでこれからの季節を乗り切りましょう。