坐骨神経痛と天気の関係 亀岡市せがわ鍼灸接骨院

今日は昼過ぎから雨…。

 

 

こんな雨の日は、坐骨神経痛がひどくなるという方も増大します。

 

 

実際に今日は特に坐骨神経痛が酷い患者様が来院されました。

 

 

今日は雨の日に坐骨神経痛がひどくなるメカニズムと対策について書いていきます。

 

 

坐骨神経痛とは?

 

坐骨神経痛とは腰から足にかけてしびれや痛さがでる症状です。

 

 

症状が出る箇所は人によってまちまちで、太ももの裏が痛いと言う方もいればふくらはぎがしびれたり痛いと訴えられる方もいます。

 

 

他にも、日によって症状が出る位置が異なる事もあり重症化すると暮らしに支障が出てしまう事もあります。

 

 

そもそもなぜ、雨の日に坐骨神経痛が悪化するのか?

 

雨の日に坐骨神経痛がひどくなったりするのは、気圧と気温の低下によると言われています。

 

 

気圧が低くなると、自律神経と呼ばれる神経の調子が狂いしびれや苦痛を感じやすくなってしまうからです。

 

 

「雨が降る前から坐骨神経が悪化する」という方は、気圧の影響を大きく受けている確率が高いです。

 

 

加えて、気圧が低くなると血行が悪くなります。

 

 

すると、発痛物質や疲労物質の流れが悪くなり症状を感じやすくなるのです。

 

 

第二に気温の低下について。

雨が降ると、途端に気温が下がります。

 

 

すると筋肉が強張り、坐骨神経を圧迫して症状が強まりやすくなります。

 

 

他にも、特に初夏や初秋の頃は晴天時と雨天時の気温の差も大きいので特に気温の移り変わりに配慮が不可欠です。

 

 

雨の日の坐骨神経痛対策としてやっておくべきことは、自律神経の調子を整える事と体を冷やさない事の二つになります。

 

 

自律神経の調子を整えるにはなにをすればいいか?

 

それは、リラックスできる状態を作ることです。

 

 

自律神経には2つの働きがあり、体を興奮させる役割と休息させる役割があります。

 

 

気圧が低くなると、それに応対するために体が興奮してしまい、しびれや苦痛が強まります。

 

ぬるま湯にゆっくり浸かる。

岩盤浴でリラックス。

のんびりとストレッチをする。

静かに音楽を聴く時を生み出す。

アロマ等を焚いてゆったりと横になる。

 

このように意識的にリラックスができる状態を作り上げてください。

 

 

しかも、体を冷やさないようにするには特にお腹周囲を温かくしておく事が大事。

 

 

腹巻なんてお勧めですよ。

 

 

快適に身につけられデザイン性の高い腹巻きもありますからね。

 

 

それから、お風呂に浸かって体を温める事。

 

 

春先から夏場にかけては、シャワーで済ます方も増加しますがちゃんと湯船に入るようにしてください。

 

 

それ以外に自分でできることは?

 

雨の日に坐骨神経痛がひどくなるという事は体が歪み、自律神経の不調や緊張が強まりやすい体、という事でもあります。

 

 

体操やウォーキング等、運動を心がけて歪みの出にくい体を維持する事が予防に繋がります。

 

 

ジッとしていると、体の歪みはどんどん大きくなってしまいます。

 

 

使わない筋肉は硬くなりやがて関節周囲の動きも悪くなります。

 

 

体を動かす事が、生き物として大事なんです。

 

 

坐骨神経痛に悩まされる、と言うケースは近くで体の歪みを整えてもらえる治療院に話しをしてみて下さい。

 

 

体操や運動の指導もしてもらえる所なら、よりベターです。