これでもう迷わない!坐骨神経痛の時に湿布を貼るべき4つの場所!

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

坐骨神経痛で悩まれている患者様からどこに湿布を貼ればいいのかわからないや、貼る事で痛みが和らぐのか?と言ったことをよく質問されるので今回は坐骨神経痛について知っていただく為になぜ坐骨神経痛になるのか?坐骨神経痛になった場合に貼るべき湿布のポイント、何故貼る方がいいのかをお話ししていきます。

 

坐骨神経痛はなぜおこるのか?

 

坐骨神経は人体の中で一番大きい神経で坐骨神経痛は病名ではなくヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などが原因で神経が炎症を起こすことにより起こる症状が坐骨神経痛になります。皆さん坐骨神経痛が病名と思われているようですが坐骨神経痛は病名ではなく症状名になります。

坐骨神経痛を引き起こす代表的な疾

1・腰椎椎間板ヘルニア

誰もが名前は聞いたことがあると思いますが背骨と背骨の間には軟骨繊維でできていて衝撃を和らげる作用のある椎間板があり骨にかかる衝撃を吸収してくれていますが年齢と共に弾力性が無くなり分厚さも失われ壊れやすくなります。働き盛りの青壮年は椎間板に負担をかける姿勢や労働が多いので30代~40代に腰椎椎間板ヘルニアは多発します。弾力性が無くなり硬くなった椎間板が壊れてしまい中からゼリー状のコラーゲンが出てきて神経に触る事により炎症反応が起こり坐骨神経痛の症状が出てきます。

 

2・腰部脊柱管狭窄症

腰椎椎間板ヘルニアが青壮年になるに対して脊柱管狭窄症は高齢者に発症します。年齢と共に背骨が変形を起こしたり、背骨を支えている靭帯が何らかの原因で膨らむことによって神経が圧迫されることにより坐骨神経の症状が出てきます。

 

3・梨状筋症候群

梨状筋と呼ばれるお尻の筋肉が硬くなる事により神経が圧迫されて起こります。

 

4・変形性腰痛症

加齢や若い頃に運動で背骨に負担をかけていて脊椎分離症になっている場合などに少しづつ背骨が変形することで神経が圧迫され坐骨神経痛の症状が出ます。

 

坐骨神経痛で湿布を貼る意味は何でしょうか

以前ブログで書きましたが坐骨神経痛は炎症が起こることにより痛みが出てくるので抑える為に消炎鎮痛効果のある湿布は最適となります。安静にしていてもズキンズキン痛んだりする場合は炎症が起きている可能性が大きいので湿布を貼って炎症を取り除いてみましょう。坐骨神経痛が出る場合は治療も長期にわたる事が多々ありあまりの辛さに痛み止めを服用される方が多いですが痛み止めは成分がきつく一緒に胃薬を渡されるほどなのであまり長期にわたり服用するのは避けたいところです。私は痛みがきつくてどうしようもない時は薬を服用してもいいですが我慢できそうであれば湿布を貼る方がいいと考えます。

 

冷たい湿布を選ぶか?それとも暖かい湿布を選ぶか?

この質問は坐骨神経津の患者様だけではなく他の疾患を患っている患者様からも実際に良く受ける質問ですが答えはどちらでも大丈夫です。好きな方を貼っていただいて構わないのですがそれぞれに特性があるので違いを紹介していきます。

 

冷湿布と温湿布の違いは何でしょうか?

冷湿布

冷湿布はメンソールの成分が入っているので冷たく感じます。冷蔵庫に入れている場合は多少冷やす効果がありますが常温の場合はひんやりと感じるだけなので冷やしているわけではありません。

温湿布

唐辛子の成分であるカプサイシンが入っている為貼ってから少し過ぎると熱くなるような感覚になります。効果は高いですが長時間貼っていると刺激が強いためにかぶれやすくなります。

 

メンソールは貼ると冷たく感じますし唐辛子の成分であるカプサイシンは熱く感じます。したがって感じ方は違いますが目的としている消炎鎮痛効果はおなじなのでどちらでも構いませんが温湿布の方が刺激が強いので長時間の使用は被れる可能性があるので注意して下さい。

 

湿布を貼るべき4つの場所

1 腰

腰まわりの筋肉が緊張することにより起こる場合が多いので前かがみになった時に痛みが出たり後ろにそらせて痛みが出たら腰に貼ってみてください。

 

2 お尻

お尻の奥にある梨状筋が緊張して硬くなると坐骨神経が圧迫されて痛みの原因となりますので立っている姿勢が辛い場合はお尻に貼ってください。

 

3 股関節周囲

股関節周りも痛みの原因の一つにあげられます。股関節周りが硬いとお尻周りの筋肉の緊張も出てしまうのでストレッチをするのと座っていて痛みが出てくる場合は股関節周囲に貼ってみてください。

 

4 足の痛むところ

坐骨神経痛になるとひどくなれば、ふくらはぎの横辺りが痛くなる時があります。痛いい場所を押していって一番強く痛みが出ているところに貼ると効果的です。むやみに貼りたい気持ちはわかりますがまずお近くの治療院でどこが原因なのか診てもらってからの方が確実です。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院では坐骨神経痛を得意としていて坐骨神経痛の一つの原因である肥満に対する指導や腰を支える為の筋肉をトレーニングするなどの施術も行っておりますので相談ください。

 

ラインからも予約が可能なので登録後メッセージお願い致します。

友だち追加