梨状筋症候群による坐骨神経痛

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

今日は梨状筋症候群による坐骨神経痛のお話をしていきます。

 

梨状筋症候群とは

人体最大で最長ある坐骨神経は腰まわりの神経からなり骨盤から出ようとするところで梨状筋を通るのですがこの梨状筋が硬くなると坐骨神経が圧迫され痛みや痺れが出てきます。

 

この様な症状を梨状筋症候群と呼びます。

 

梨状筋症候群の特徴的な3つの症状

 

1.お尻から足にかけて痛みや痺れがある

坐骨神経を圧迫されるためお尻から足にかけての症状が出ることがあります。

 

2.座ると痛みがでる

長く座っていると痛みが強くなりやすいので長距離運転や長時間椅子に座る事はさけ歩く方が楽になりやすいです。

 

3.梨状筋の筋緊張が高まった時に痛みがつよくでやすい

坐骨神経は梨状筋のすぐ隣を通るかもしくは梨状筋を貫いている場合があり梨状筋が緊張してしまうと坐骨神経が圧迫されてしまい痛みや痺れが出ます。

 

梨状筋の治療方法

 

梨状筋症候群にはストレッチ

 

梨状筋症候群は脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアのように神経を圧迫されることで坐骨神経痛の症状が出ますが症状が似ているので治療方法を間違えるといつまでたっても治りません。

 

先ほどお話したように梨状筋症候群は筋肉が硬くなって神経が圧迫されることにより坐骨神経痛の症状が出るのでストレッチをして硬くなった筋肉を伸ばして柔軟性のある筋肉にする事が治療法となります。

 

ここで簡単なストレッチを紹介します。

 

椅子に座り足を組み膝を抱えて胸の方に近づけてください。

 

そうすることにより梨状筋がストレッチされ柔らかくなることにより圧迫されている部分が弱まり楽になります。

 

素人考えで間違った治療法をしているといつまでたっても治りませんので近隣の治療院で診てもらって下さいね。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院は坐骨神経痛を得意としていますので是非ご相談ください。