子供の頭痛や肩こり増えてます

私が子供の頃は肩こりなんて聞いたことなかったですが時代の移り変わりとともに今や子供も肩こりを患う時代になりました。

 

原因としては重いランドセルであったり、外で遊ぶことが減っている=体も弱くなってきていることであったり受験勉強等のストレスからくるものであったりなどから頭痛や肩こりが増えているようです。

 

頭痛にはズキズキ痛む片頭痛と締め付けられるような緊張型頭痛があります。

 

片頭痛は強い痛みがありいつ起こるかわからず薬を飲むと治りやすいのが特徴です。

 

緊張型頭痛は遊んだりできますが薬の効果はあまりなく姿勢の悪さからくる筋肉の疲労やストレスによる心因性のものであることが多いようです。

 

まずはどちらの症状が出ているのか聞き取りが大事になってきますので痛みの種類を確認(ズキンズキンと痛んだりすろのかそれとも締め付けられるような痛みなのか)してください。

 

片頭痛のほうは小児用の薬が必要となりますが緊張型の場合は原因によって対処の仕方が違います。

 

筋肉の疲労から来るものはストレッチやマッサージが有効です。

 

しかし、マッサージは大人と違ってきつくするのではなく首筋、肩甲骨周りを撫でる程度から始めてください。

ストレスが原因の場合は何が負担を与えているのかつきとめて環境を変えてあげると良くなったりします。

 

我慢するお子さんもいるようですのでまずは親が子供のサインを見逃さないようにしないといけないですね。