産後骨盤矯正の開始時期について

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

今日は産後骨盤矯正についてお話していきますね。

 

出産を経験すると骨盤は大きく開き、その後適切なケアをしないと骨盤は開きっぱなしになったり歪んたりしてしまいます。

 

つい最近まで出産後の骨盤矯正は知られていませんでしたが今では出産を経験した女性なら誰もが気になる事だと思います。

 

普通であれば、骨盤は徐々に元の位置に戻っていきますが、座り方や姿勢、普段の生活など色んな要因が重なり、正常な位置に戻らない事もあります。

 

出産後に開いた骨盤をそのままにしていると、体のバランスが取りにくくなり足や腰に不必要な負荷がかかり、体のラインが崩れるきっかけになり、また出産後は筋力も低下し、脂肪も燃焼しにくくなっているので元の体型に戻る事ができなくなったり、ダイエットしにくくなるという事もあります。

 

皆さん悩まれるのが体重は戻ったものの、懐妊前に着ていた服が入らなくなったとの声をよく聞きます。

 

出産後の骨盤矯正は接骨院、整体院でうける矯正やトレーニングの他にも自宅で可能な骨盤矯正ストレッチや骨盤ベルト、ガードルなどを活用するメソッドもあります。

 

接骨院や整体で治療を受けてもその後何もしていないと成果は一時的なものになってしまいますので、骨盤ベルトなど自宅でできるケアも組み合わせて行わなければなりません。

 

出産後の骨盤矯正によって得られるメリットは出産後に骨盤矯正をすると、体を動かしやすくなり適切な運動が行えるようになると筋肉も正しい位置につき、きれいなプロポーションを目指す事ができます。

 

その上、血行もよくなりますので基礎代謝大きく上げることができ、ダイエットしやすい身体になります。

 

体の冷えも改善されて女性特有のトラブル解消のバックアップにも繋がります。

 

骨盤矯正はいつから?

 

せがわ鍼灸接骨院で出産後の骨盤矯正を受けるのにいつ頃がいいのか解説していきます。

 

骨盤の歪みや開きにはなるべく早くケアをしていきたいと思われる方も多いでしょうが、出産後の身体は思っている以上に疲労しているものです。

 

出産の疲労が回復していないのにいきなり整体に通ったりベルトで締め付けるとさらに負担になってしまいます。

 

出産後1ヶ月くらいは安静にして、その後骨盤矯正を始めていきましょう。

 

初出産後は子供の世話に戸惑う事も多く、自分の事にかまってられないので時が一瞬で過ぎ去ってしまいます。

 

けれども骨盤の開きを放置していると、気づいた時にはもとに戻りにくい状況になっているかもしれません。

 

最低でも出産後、半年以内には骨盤矯正を開始する方がいいですね。

 

骨盤矯正に関してネットでも情報が溢れているので何をすれば正しいのか判断が難しいと思いますので必ずプロに相談することを勧めます。

 

せがわ鍼灸接骨院では矯正+トレーニングを行っています。

 

トレーニングで筋力強化をする事により骨盤を正しい位置に維持することができます。

 

矯正だけではすぐに戻ってしまうのでトレーニングをしていつまでも体型を維持するお手伝いをさせていただきます。