骨粗しょう症が気になる方へ

a220966-0

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

骨粗しょう症をご存知でしょうか?

 

名前だけの方もいるでしょうが実際に骨粗しょう症になっている方も多いかと思います。

 

骨には自分の骨を破壊する破骨細胞と骨を造る働きのある骨芽細胞がありこの二つの細胞が交互に働き骨を造ったり壊したりしながら古くなった骨を少しづつ新しくすることにより古びて劣化することを防いでいます。

 

順調に互いが働いてくれていれば何の心配もないんですが破壊するスピードが骨を造るスピードをこえてしまう事により骨粗しょう症が起こります。

 

骨粗しょう症になれば骨がスカスカになるので転倒して手をついた時に折れてしまったり、尻もちをついた時に大腿骨であったり背骨が折れることがよくあります。

 

骨の健康度を測る指標に骨密度があり骨の中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラルがどのくらいつまっているか数値化したものです。

 

この骨密度が下がると疲労骨折や骨粗しょう症の危険性が高まります。

 

特に女性の場合は骨を造り、破壊を抑制するホルモンの分泌が閉経後急激に低下していくので骨粗しょう症に罹患される方がぐんと増えます。

 

日本人女性で六〇代後半の骨粗しょう症にかかっている割合は三人に一人と言われていますので数字で見たらものすごい数ですよね。

 

このような一度なってしまえばやっかいな疾患ですが骨折のリスクを減らすことは可能です。

 

薬の処方はできないのでここではあまり書きませんが運動、食事、お薬でカチカチの骨にはならなくてもリスクは減らせるので根気よくしていく事が大事です。

 

もっというなら早めに行動していればスカスカな骨になるのを抑えることができるので今この瞬間から将来の為に筋肉と骨の貯金をしていきましょう。

 

食事は身体を造るタンパク質やカルシウムをしっかりと取りジョギングのように関節や骨に振動が伝わる運動がいいと言われています。

 

日々この様な刺激を与えることにより骨芽細胞が刺激され骨の形成が促進すると考えられてます。

 

急にジョギングなんて無理と思われた方はまず歩くことから始めましょう。

 

なんせ身体を動かさないと骨は強くなりませんから。

 

いまいち何をすればいいかわからない方は亀岡市せがわ鍼灸接骨院までご相談ください。

 

せがわ鍼灸接骨院では豊富な経験によりトレーニング指導を行っています。

 

筋肉をつけていつまでも自分で歩ける身体造りのお手伝いをさせていただいています。