腰痛になる姿勢になってますよ

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

腰痛、膝痛の専門家、亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

腰痛をお持ちの方ならわかると思いますが朝起きるのがメチャメチャ辛いですよね。

 

特に冬場は腰痛がきつくなりやすいので朝ベットや布団からでることに時間を費やしている方もいるでしょう。

 

なんでいつまでも腰痛が治らないと思いますか?

 

答えはいたってシンプルです。

 

腰を痛めない為の日常での身体の使い方ができてないんですよ。

archives_content_img34

イスに深く腰掛けなかったり、スマホばかり見て背中が丸くなっていたり、身体を動かす習慣がなかったり、身体にいいもの食べてなかったり、身体的精神的にストレスが溜まっていたり等、腰痛を引き起こす要因はたくさんあります。ほんのちょっとの事を変えるだけで腰痛予防になりますので今からあげていく事を意識してやってくださいね。

 

日常生活の中で腰痛になりやすい姿勢は『中腰』と『前屈』になります。

 

中腰や前屈の状態で膝を軽く曲げずに腰だけを曲げると上半身の重みがそのまま乗っかるので腰に負担がかかり酷くなるとぎっくり腰になります。

 

たとえを言えば朝起きて洗面所で顔を洗う時に洗面台は低いのでかなり腰を曲げなければなりませんが、この時に膝を曲げずに上体だけ倒すと腰に大きなストレスがかかってきます。

 

私はこれでぎっくり腰になり床に倒れ込んで立てなくなった辛い経験があるので顔を洗う時は必ず小さな足置き用の台を持ってきて片足だけ乗せて顔を洗うようにしています。

 

もしくはスクワットの姿勢でもいいのですがスクワットをあまりしない人はフォームが違っていることが多く腰を痛めやすくなったりしますので台を置いて片足だけ乗せる方がいいです。

 

特に気をつけたいのが重い荷物を持ち上げる時の動作でデッドリフトと言うトレーニングをされている方は重い物の持ち上げ方を熟知しているので心配ないのですがたいがいの方は上体を前傾させて持ち上げているので腰まわり背中周りを痛めやすくなります。

 

荷物の持ち方はまず荷物を下に置き背筋を伸ばし膝を曲げ垂直に腰を下ろし、次に上体を真っすぐに保ったまま膝を伸ばしながら足の力を使って垂直に持ち上げます。

shisei10

腰の調子が良い時ってあんまりこういった姿勢を気にせずに物事をこなしてしまいがちですが面倒でも正しい姿勢を普段から心がければ現在腰痛に悩まされている方はそれだけで腰にかかる負担を抑えることができます。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院では腰痛・膝痛に関する姿勢講座を開いていますので腰痛・膝痛でお悩みの方は是非受けてみてください。

 

ラインで個別に相談もできますのでお友達登録お願いします。

友だち追加