そんな事からも腰痛になります

2c94dbce

 

こんにちは。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院の瀨川です。

 

これまで腰椎周りに原因のある腰痛についてお話してきました。

 

しかし、腰痛の原因は腰椎以外にある場合もあり腰の治療を続けていても一向によくならず検査をすると別の原因だったと言うことも珍しいことではありませんので腰が痛いからと言ってその部分だけしか見ていてはいけません。

 

では、ここから代表的な腰痛になりえる疾患を見ていきましょう。

 

腎臓・泌尿器系の疾患

 

腎臓や尿管についてる神経は腰の神経とかかわりが強いので泌尿器系に疾患があると腰痛が起こることがありこれを関連痛と言います。

 

泌尿器系でも最も痛みがきついのは尿路結石で腎でできた石が尿路に落ちると背中からわき腹にかけて強烈な痛みが走ります。

 

昔働いていたとこの社長がある朝発症して救急隊員に抱えられながら救急車で病院に行くとこを見た時はこんなに歩けなくなるほど痛くなるものなのかと恐怖を感じました。

 

また腎盂腎炎も腰背部に痛みが起こることで有名です。

 

消化器系の疾患

 

胃・十二指腸潰瘍も腰痛を伴い、慢性膵炎、胆のう炎、胆石症などは右の腰に痛みが出ます。

 

風で熱が出ている時も関節炎の症状が出るので腰が痛くなったりします。

 

 

癌が骨盤や脊髄に移行すると腰痛が出ます。

 

当院でも腰痛から癌が発見されたことがあり前かがみで痛みが増大する椎間板ヘルニアの症状や腰を反ると痛みが出る脊柱管狭窄症のように何かをすれば痛みが出るのではなく安静にしてても痛みが出るなどであれば一度病院で検査した方がいいですね。

 

精神的な疾患

 

現代はストレス社会と言われています。

 

職場での人間関係、仕事量、立場、学校や、勉強などあげていけばきりがありません。

 

このストレスは腰痛の原因ともなりずっと腰痛に悩まされていた方がある時仕事を辞めたとたんに腰痛が無くなったという事もありましたのでストレスはそれほど身体に及ぼす影響が強いと言えます。

 

この様に様々な腰痛のパターンがあり安静にしていれば治るわけではありませんので腰に違和感を感じたらすぐに受診して下さい。

 

我慢は治療期間をいたずらに伸ばすだけになりますので。

 

亀岡市せがわ鍼灸接骨院ではラインで予約やご相談を承っておりますので登録よろしくお願い致します。

友だち追加

 

腰痛予防の為のチューブを使ったトレーニングなど今まで身体を鍛えたことのない方でも簡単にできることはたくさんあり当院で指導もしているのでご来院ください。

 

筋肉は何もしなければ年々落ちていきますのでここらで老化を止めていきましょう。